気象メモ 〜愛媛の天気とことわざ〜

気象予測の進歩はめざましく便利になりましたが、気まぐれな「
空の気分」を読むことの楽しさを忘れていませんか。感性豊かな先人の知恵である「天気のことわざ」を気象メモとして、徒然なるままに検証しまとめてみました。日々の暮らしの中で季節感を取り戻しましょう!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【秋】十五夜に曇りあれども十三夜に曇りなし

JUGEMテーマ:天気

 今夜は「十三夜」です。十五夜は旧暦8月15日十三夜は旧暦9月13日で約1ヶ月の差があります。

 今年(平成30年)の十五夜は9月24日でしたが、秋雨前線と台風24号の影響のため雨で残念ながらお月夜は見られませんでした。このように十五夜は秋雨の時期で台風シーズンでもあり月夜はあまり期待できないようですが、十三夜は秋の移動性高気圧に覆われてお月夜となる確率が高いようです。かつてNHK松山放送局の週末気象情報を担当していた折に調べると、松山では十五夜の雨は30年のうち9回、十三夜は5回で、十五夜の方が天気が悪いようです。

 十三夜のお月夜といっても月齢は12で満月は24日です。

 十三夜は別名「栗名月」と言われていますが、今年は栗が不作のようです。

 さて、今夜はススキと栗饅頭をお供えしてお月夜を楽しむとしますか。

 

十三夜

【平成30年の十五夜と十三夜の天気図】

平成30年の十五夜と十三夜

 

 

 

| 09:33 | comments(0) | - |
【秋】八月(旧)の潮は棚に上がる

JUGEMテーマ:天気

 現在では、海の潮の干満の潮位(天文潮)や時刻は正確に計算されていますが、昔の人は月を見たり経験から、旧暦八月の大潮時の潮位が1年中で最も高くなることを知って警戒しました。

 旧暦で八月というと現在の暦では9月頃となります。

 この頃、秋台風などで気象潮が加わると一層高くなります。

 

8月の海岸

| 08:59 | comments(0) | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.