気象メモ 〜愛媛の天気とことわざ〜

気象予測の進歩はめざましく便利になりましたが、気まぐれな「
空の気分」を読むことの楽しさを忘れていませんか。感性豊かな先人の知恵である「天気のことわざ」を気象メモとして、徒然なるままに検証しまとめてみました。日々の暮らしの中で季節感を取り戻しましょう!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
春の嵐 --春はライオンのように--

 英語のことわざに「3月はライオンのようにやって来て、子羊のように去る」(March comes in like a lion,goesout like a lamp)というのがあります。春が強風の季節になるのは中緯度の共通現象らしく、ライオンの如く”吹き荒れた嵐”の後は、子羊のような”うららかな天気”となるという意味です。

 2月28日から3月1日にかけて、日本海を低気圧が東に進み「春の嵐」となりました。

 この時、四国地方に「春一番」が吹いたと気象台から発表がありました。

「春一番」とは立春以降の南からの最初の強風で、「あらし山」では基準となる風速ではなかったものの一転して西風になると約9m/Sの強風が吹きました。

 「あらし山」と称するミカン山は、愛媛から九州に向けて細長く突き出ている佐田岬半島の付け根にあります。

 この時期、低気圧が日本海を通ると南から暖かい風が吹き、最初の強風が春一番、続いて二番、三番の強風が吹く。

 この低気圧がさらに東に進むと気圧配置は一時的に西高東低の冬型に戻り、北よりの風が吹いてきます。

 そして翌日は高気圧に覆われてうららかな晴天となります。

 3月はこの繰り返しです。 

 春の嵐の最初の強風が「春一番」、二番目は桜の「花起こし」の風となり、三番目は「花散らし」の風となります。

 今年の桜の開花は、いつもより少し早いようてすが、お手柔らかに願いたいものですね。

 

【「春一番」前後のあらし山の気象】

180222春一番

【あらし山の強風】

180301春の強風

| 07:59 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.