気象メモ 〜愛媛の天気とことわざ〜

気象予測の進歩はめざましく便利になりましたが、気まぐれな「
空の気分」を読むことの楽しさを忘れていませんか。感性豊かな先人の知恵である「天気のことわざ」を気象メモとして、徒然なるままに検証しまとめてみました。日々の暮らしの中で季節感を取り戻しましょう!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【春】朝焼け、朝虹、その日は雨

JUGEMテーマ:天気

 「虹」は降雨と晴れ間の境でおこり、「焼け」の現象は晴天域内でおこります。

 このことわざは、これらの現象のおこる方位と天気は西から東に移るということを考えあわせたものです。

 下記の画像は、5月12日(土)に旧重信町で行われたジェイ・ウイング・ファームの”麦熟らし”会場で見た朝虹です。

 この日は晴天でしたが、飛行機雲が何筋もでき、翌日は早朝から雨になりました。

 これと反対のことわざに、「夕焼け、夕虹、あすは晴れ」というのがあります。

 虹ができる時間で天気の移り変わりを知るとは、先日の観察力に脱帽ですね。

 

【重信のJ・W・Fで見た朝虹(5月12日”麦熟らし”会場にて)】

5月12日の朝虹(JWF)

| 11:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.