気象メモ 〜愛媛の天気とことわざ〜

気象予測の進歩はめざましく便利になりましたが、気まぐれな「
空の気分」を読むことの楽しさを忘れていませんか。感性豊かな先人の知恵である「天気のことわざ」を気象メモとして、徒然なるままに検証しまとめてみました。日々の暮らしの中で季節感を取り戻しましょう!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【夏】雨のうちに雷鳴るは雨止みがたし

JUGEMテーマ:天気

 梅雨期に雨の降っている最中に雷鳴の聞こえてくることがあります。上空には発達した積乱雲が停滞している証拠で、梅雨前線の活動が活発になります。集中豪雨が起こるのは、こういう気象状況の時ですから注意が必要です。

 下の図は、今日29日に愛南町で大雨に遭遇した時の”雷レーダー”の様子です。縦の注釈にあるように水色から赤色に変化しているのは降水の様子ですが、黄色の□は落雷黄色の×は雷鳴の発生です。梅雨末期になると太平洋高気圧の縁を通り湿った暖かい空気が大量に入ってくることがあり、雷と大雨に注意が必要です。

 

6月29日の雷レーダー

| 18:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.